前へ
次へ

高齢者だけではない介護

介護というと高齢者のイメージがありますが、近年では若い世代も受けている人が増えてきています。
ガンに罹患をしてしまい、完治の見込みがない人など自宅で介護を受けて生活をする、という選択もあります。
若い世代の場合には病気の進行も早いということなので、早期発見ができなかった場合には、社会に復帰をすることが困難になってしまいます。
介護保険を受ける場合には、あまりにも若い年齢だと対象外になってしまうことがあり、自己負担でなんとかしなければいけない、という事態に陥ってしまいます。
これからの生活のこともあるのに、社会保障を利用することができないということになってしまうと、ダメージは大きいでしょう。
高齢者だけではなく、病気で社会生活を送ることができなくなってしまう人がいることも理解しておく必要があります。
幅広い世代が利用できるように考えていく必要があるのかもしれません。
対策も十分に考えなければいけなくなるでしょう。

Page Top