前へ
次へ

心肺機能がアップする介護のための運動

介護をなるべく受けないようにするための体作りは、これからの時代とても大きな役割を占めていきます。
身体機能を高めることは生活を維持することにつながるため、自分の体が元気に動くことが最重要になります。
特に運動機能で高まるのは、心肺機能などを含めて筋力のアップも望めます。
心肺機能が重要なのは心臓の筋肉が強くなることで、心筋梗塞などの症状を悪化させることを避けることができ、そして筋力をアップさせることは日常生活の中でつまずいて転倒をしたり骨折をしたりできます。
トラブルを未然に防ぐことが可能です。
筋力がつくことによって、自分の体を支える能力がアップしますし、動くことでバランス能力を備えることができます。
介護が必要な人の中には、このバランス機能を大きく崩す人が多いので、身体バランスを会得すると長く日常生活を続けることができます。
そして運動をすることでストレス解消になることもあり、今まで味わったことが無い爽快感に運動をすることが楽しくなります。

Page Top