前へ
次へ

都会から田舎の介護を理解する

地方に移住する動機として介護の充実をあげるところが多いです。
本気で地域活性化に取り組みたい人もいれば、都会の生活に疲れることでストレスを解消したく感じている人もいます。
また地方移住には新たな刺激が欲しいという、ワーキングホリデー感覚で行ってくる人も少なくありません。
介護を中心とした町興しは行政でも行っており、最長3年などの期間を設けてやっています。
魅力ある町づくりをすることはとても重要なのは、人口が都市に集中していくことによって若い人たちがどんどんいなくなることです。
都会に行くことによって仕事はたくさんありますし、生活のしやすさから生まれ育っていない別の地域の活性化を考える人なども多くいます。
仕事や教育環境もさることながら、生活サービスの改善を進めていくことで介護地域をより生活しやすくさせることが可能です。
その環境で育った若者などは、都会へ行くことになく地域密着型の生活に憧れるようになります。

Page Top